イトオテルミー レイキヒーリング 安川由里子


私たち人間のからだは、いつの間にか自分自身で
健康を回復させる力を生まれながら備えています。

それは、自然良能とか自家良能
あるいは自然治癒力と呼ばれる力です。

その自然治癒力を最大限に引き出す温熱刺激療法、
それがイトオテルミーです。

安川ゆりこのテルミーサロン
<完全予約制> 平日:10:00〜23:00
土曜:10:00〜20:00
 ■ 温熱ブログ更新情報

    2019/02/10

    家庭のテルミー

    2月10日 節分 新月といろんな流れが早くなっているのを感じます…

    2019/02/06

    体の声

    節分 旧正月 新月でしたね。新月の時はよく覚醒します。意識が…

    2019/01/31

    胃のむくみを取ると健康になる

    胃のむくみ?って?足のむくみならわかるけど!私も中医学を習…

    2019/01/22

    新しい命へテルミー

    昨日は満月の皆既月食だったのですね!今朝知ったのですが昨日…

    2019/01/16

    今年の夢 未来の夢

    2019年が始まり16日がたちます。今年は心理学に加え数秘術も学…

私とイトオテルミー:vol.3

妊娠・出産とテルミー《レポート》2007/7/3update

今年(2007年)4月に初めての出産を経験しました。
テルミーされている先生方から「妊娠、出産にテルミーはいいわよ」という話はかねがね聞いていたのですが、自分自身で体験することができてテルミーの良さを再確認しました。
私自身の十月十日の妊娠生活と、出産の際のテルミー経験のレポートを紹介させていただきます。

妊娠編

2006年8月末日、妊娠3ヶ月。
吐き気、臭覚の変化、眠気などの軽い症状あり。
妊娠発覚前は全身に1時間程、毎日テルミーしていた。
妊娠後は、30分程度でもう熱がいらないと感じ、
特に胸腺に良く 熱をいれた。

腹部も中火でサラーっとかけた。
胸腺をすると吐き気がおさまり、とても気持ちよかった。

毎月の検診では貧血もなくいたって健康そのものだった。
6ヶ月頃に一度、お腹の張りがあるので安静にと言われたが、
自覚症状なく、毎日動き回っていた。

8ヶ月をすぎ、お腹が目立ってきた頃お腹に熱がほしくて、何度もお腹にテルミーをした。腰にも負担があったので、腰にもいれた。
お腹に熱をいれると、胎動が激しくなる。赤ちゃんも喜んでいたのかな。

9ヶ月までテルミー治療、勉強会など普通に生活していた。

臨月に入り、帰省。
大分の実家では母と毎日掛け合い。※1
自分で下燻蒸。燻蒸するととても体調が良い。

検診では、尿に糖が少しでるくらいで、あとは異常なし。
体重は予定日で9キロ増。
テルミーと夫の協力のおかげでとても快適に妊娠期間をすごせた。

※1 私の母もイトオテルミー療術師の資格を持っています。
 (今年6月に習得しました!)

出産編へ続く

vol.1:テルミーとの出会い
vol.2:リウマチとテルミー
vol.3:妊娠・出産とテルミー <前編 中編 後編>

赤ちゃんテルミーのお知らせ

第二回テルミー交流会終了。

私の七つ道具です。

copyright © yuriko yasukawa 2011